結婚指輪に種類はあるの?〜デザイン編〜

さて、一生涯のパートナーと一緒につける結婚指輪はデザインを優先で選ぶことが後悔しない選び方になるのですが、どんなデザインがあるのか代表的なものをご紹介します。

 

現在の主流は、「華奢」なデザインです。 世界中でこの傾向で日本人の特に女性の手にはとても似合います。

 

同じ華奢なデザインも男性用になると変化を持たせてあり、大きな手の人でも似合うデザインもあるので、そのあたりから見て行き、後でいわゆる定番のストレートのものをいくつか見て、最期に超定番の「かまぼこ型」まで見ていきましょう。

 

実は線の細い華奢なタイプは、そのカーブの付け方、ねじり方などの変化でチョットした手の見た目の欠点をカバーしてくれるメリットが有ります。

 

最初にストレートデザインの指輪、コレは断然指の関節が太い(節が太い)人におすすめです。

 

男性にそういう人が多いのですが選ぶコツとしては、センターのないデザインを選ぶということでしょう。

 

指輪が回りやすいのでセンターに石を入れたものやデザイン上センターがあるものは避けた方がいいでしょう。

 

また、幅を広くすれば回りにくくもなりますし、同じデザインで太さを変えて注文することができるブランドも有るので、男性女性共にバランスよく作ることが可能です。今でもストレートが主流なのはそう言った理由もあります。

 

華奢でVやUの字のセンターデザインが有る指輪は、指が短い人に向いているデザインです。

 

もちろん指の長い人もより長く見えますのでファッション的な視覚効果は抜群です。ウェーブのあるデザインも指を長く見せる効果があるようです。

 

続いてイエローゴールドやピンクゴールド、コンビカラーをあしらったリングは、ちょっと小麦色のサンタン系の肌の人にオススメです。

 

又、ゴールドは男性にもよく似合いますし、私自身の経験でコンビカラーは、他のファッションやアクセサリー、腕時計との相性も良くお勧めです。

 

そして、2つ3つのリングを交差して重ねあわせたようなデザインなどボリュウムと丸みのあるデザインは、少しふっくら目の手の人にオススメします。

 

逆に華奢なストレートにするとくいこんだ感じが出てしまうことが有るので、よく確認しながら選びましょう。

 

超定番のかまぼこ型も表面の仕上げをヴィンテージ調などにすることで変化をもたせることもできます。

 

インターネット上でも色々紹介されているのでお二人で楽しみながらお互いの好みを知るところから、指輪選びをはじめてみてはいかがでしょうか?